インターネットの回線はどこがいいの?比べてみよう。


私たちが生きているなかで、昔にはないものといえば、たくさん出てくると思います。
その中でも、インターネットは、何か調べ物をするにしても、ゲームをするにしても必需品で、外せないものとなっています。

しかし、地域によって、インターネットのスピードが速いところもあれば、遅いところもあります。
そこで、様々なプロバイダが持っている光回線の中で、どのようなものがあるのかメリット・デメリットを把握しましょう
契約をするときに失敗しないようにするために、北海道と仙台にスポットを当てて、比較していきます。

1.インターネットのスピードについて

インターネットのスピードは4つに分類される
私たちが使っているインターネットのスピードは、契約するプランに応じての速度になります。
大きく分けると4つに分類されます。
その内訳としても、携帯会社が出している、プロバイダが出している、地域限定、定番の光回線の4つです。
この4つに分けたものの良いところと悪いところをあげていきたいと思います。

2.メリットとデメリットについて

それぞれのメリットデメリット
前述にも書きましたが、4つの分類に分けていきました。
各項目においてのいいところと、悪いところを理解したうえで、検討をしていきましょう。

まずは、携帯電話会社が出す光回線です。
大手キャリアによる光回線が主になります。携帯電話とセットで組むことにより、金額を抑えることができ、コストを心配することなく使えることができると言えます。

次に、プロバイダ光回線についてです。
NTTが提供しているフレッツ光の回線を使っています。フレッツ光から乗り換えを行う場合には、工事に入ることなくそのまま手続きのみで変更することが可能です。
また、SIMとのセット割があるなど割引サービスがある一方で、NTTの加入者が多いため、回線は遅くなってしまいやすくなります
また、サポートが不十分になってしまうこともありますので気をつけましょう。

3つ目は地域による光回線です。
世界最速といわれるNUROをはじめとするものです。
万が一県外への引っ越しになってしまったときに引き継ぎができないというデメリットがありますが、料金も安く、キャンペーンが多いということが魅力になっています。

オーソドックスに定番のもので良いと思われるのであれば、フレッツ光やケーブルテレビを使うと良いでしょう。
名前はもちろんのことですが知名度があるというのはいいのですが、料金が割高になってしまうこともあります。
そのため一番おすすめができるものというと携帯電話会社が出している光回線を利用することが一番の近道でしょう。

3.仙台と北海道で使えるインターネット回線

絞られてくるためよく調べてから選ぶように
現在仙台や北海道で使えるのは、NTTが出している光回線と、各携帯会社から出ている光回線プロバイダの光回線が使えるものと絞られてきます。
どの速度が速いのか事前に調べることが出来ますので調べてみてから決めるようにしましょう。
また、速度によって金額が変わってくることもあります。金額が不安な場合は問い合わせをしておきましょう。

まとめ
さまざまな光回線がある中で、メリット・デメリットがあるということが分かったと思います。
各回線について知っておいたうえで、自身の住んでいるところの光回線について、環境が良いのかどうか、調べておくことが大切です。
また、不明点は問い合わせをしておくことで不安なことは解消しておくようにしましょう。